siam manao-life

バンコク生活の中で気づいたことや感じたことを書き連ねます。タイの生活情報やタイ語のあれこれ、タイ国内旅行、近隣諸国訪問なども織り交ぜながら。

"M Card Shop"でオンラインショッピングしたらお届けが早すぎてビックリ!

スポンサーリンク

一時帰国を前にしてお土産を買うのを放棄したまなおです。
ここのところ2、3ヶ月に一度は帰省しているので、その度にお土産を考えたりするのが億劫になってしまって…もはやネタ切れです。

まあ、今回の帰省はほぼ家族にしか会わないので、帰ってからみんなで食事にでも行くことにします。

 

さて。
今日は、オンラインショッピングをしたら、私史上最速で商品が届いたので、そのことについて書いておきます。(←自分の買い物はしっかりしてる)

ちなみに、このショッピングサイトや商品の宣伝ではありませんので、私個人の体験談ということでお読みください。


"M Card Shop"

昨日、何気にメールチェックをしていたら、"M Card Shop"なるところからのメールにたまたま目が止まりました。
Mカードと言えば、パラゴンやエンポリアム、エムクオーティエ、ザ・モールデパートなどで使えるポイントカードのことですよね。

普段はこの手の広告メールはほとんどスルーするんですが、今回はなぜか特価のお掃除ロボットが気になって、ほぼ勢いでポチってしまいました。
送料込みの2,999バーツ、約1万円。もちろん知らないメーカーです。
本家「ルン○」の価格を考えると破格です。もちろん品質もそれなりであることは十分承知の上で、買ってみることにしました。


バンコクは埃っぽくて、建物の機密性もいまいちなので、掃除を怠るとなんとなく床がザラザラしてしまうんです。
だから品質に関しては大して期待せず「おもちゃ+アルファ」つまり埃くらいは吸ってねという程度の期待で試してみようと思ったわけです。

 

f:id:manao-life:20181005230455j:image


対応が迅速すぎ

ある意味よく考えもせず、衝動的にショッピングカートをポチったのが13時15分。

それから15分後くらいに見知らぬ番号から携帯に着信があったので出ると、先ほど購入したMカードショップからの電話でした。

「この度はお買い上げありがとうございます。お客様情報の中にTAX IDの記載がありましたが、正式な領収書がご必要ですか?」
とオペレーター。

確かに、顧客情報を入力する際に納税者番号を記入する欄があったので、念のために書き込んでいたのです。

タイでは時々年末調整でショッピング免税のような政策が発表されることがあり、納税者番号が記載された正式な領収書、つまりTAXインボイス(タイ語で"ใบกำกับภาษี [bai kamkàp phaasǐi]"と言います)を添付して申請すると税金の控除を受けることができます。
今年はまだそのような特別施策の発表はないし、あったとしてもたいてい11月から12月にかけての期間限定での買い物のみが対象になるから、別になくてもいいかなと思ったので、

「(TAXインボイスは)発行しなくてもいいですけど…」と答えたら、

「ダーイルーイカー!(OKでーす)じゃあ、発行しませんね!」と元気よく返事されてしまいました。笑

面倒だったのかな?
じゃあ、最初からTAX番号書く欄作らなきゃいいのにとも思いましたが、まあ、正式な領収書作ってると発送が遅くなったりするのかなあとも考え、追求はしませんでした。

一応、納期を聞いておこうと、「何日くらいで届きますか?」と尋ねました。

「そうですね、お客様の住所はバンコク都内ですので、今日中には発送する予定です。発送が確定したらまた携帯に連絡入れます」

 

f:id:manao-life:20181006011218j:image


発送が迅速すぎ

電話を切って約45分後の14時19分に、見知らぬ番号からSMSのメッセージが。
開いてみると、LALA MOVE(ララムーブ)なる配送業者からの発送通知でした。

こんにちは。嬉しいお知らせです。ララムーブは只今商品の発送手続きを行っています。デリバリー状況はリアルタイムでここからご確認いただけます。

みたいなことが書いてあります。

f:id:manao-life:20181005230705j:image


ララムーブってなんだよと思いつつ、リンクをクリックすると、配達状況がリアルタイムで記されている画面になりました。
配達員の名前と連絡先まで載ってます。

 

f:id:manao-life:20181005230729j:image


え、なに、今日配達されるわけ?

タイだし、勝手に2、3日後の配達だと思い込んでいました。
しかもよく見ると"delivering anything locally in 55 minutes"って、ん?なに?
まさか、55分で配達とかいうことですか?


あと、この画面で気になったのが、
「฿474」とか「Enjoy 100฿ OFF your first delivery(最初のデリバリーは100B割引)」みたいな記載。


一瞬、送料別だったっけ?と焦ってショッピングサイトから送られてきたメール控えを確認したのですが、やはり送料は0となっていたので、気にしないことにしました。
(実際にデリバリー完了時も配送業者からの請求はありませんでした)


配達完了も迅速すぎ

それから、小一時間ほどすると、また知らない番号から着信があったので出ると、配達ドライバーの方からでした。(あ、あの顔写真の青年ね・・・)

「お荷物届けに来ました。今、コンドミニアムの下にいます!」

はやっ!
って、いやいや、私今部屋にいないし…
なので、一階の管理事務所に預けてもらうようお願いしました。

電話を切って時計を見ると15時15分。
オーダーしてから、ちょ、ちょうど2時間。
Amazonプライムより早い。私史上最速のデリバリーでした!
迅速三昧でもうほんとびっくりです。笑


おわりに

ちょっと前までは、タイ国内の配達と言えば郵便局とかバイクタクシーとかくらいしかなかったのに、今ではこうした配送業者がいろいろ増えたんですね。

もちろん、今回の驚異的な早さは、たまたまいろんな好条件が重なっただけ、あるいはバンコク都内に限るのかもしれませんが、それにしても感動的な迅速さでした。

 


f:id:manao-life:20181005231049j:image

f:id:manao-life:20181005231045j:image


ちなみに、届いたお掃除ロボットは、まだフル稼働はさせてませんが、特に損傷もなく電源も入ったしテスト走行もOKでした。

足拭きマットのところで生地を巻き込んで身動きが取れずウンウン鳴いてましたが、まあ、価格を考えればそこまで求めてはいけないのでしょう。

お掃除ロボットについては、何回か使ってみて、またの機会に(気が向いたら)レポートすることにします。


f:id:manao-life:20181005231159j:image


ではまた。