siam manao-life

バンコク生活の中で気づいたことや感じたことを書き連ねます。タイの生活情報やタイ語のあれこれ、タイ国内旅行、近隣諸国訪問なども織り交ぜながら。

タイの寺院

【下町タラートプルー散歩】ステーキ丼と伝統菓子とタークシン王の眠る寺と子供たち

今日は天気も良かったので、久しぶりに私の大好きな下町、タラートプルー(Talat Phlu)を散策してきました。 タラートプルーは、バンコクのチャオプラヤー川西岸、トンブリー区にある昔ながらの下町で、古い寺院・史跡はもとより、老舗の食堂やタイスイーツ…

ピンクの仏塔と壁を突き抜けるこの木なんの木の寺(ナコンパノム)

ナコンパノム2日目。ワット・プラタート・パノム寺院の参拝の後に向かったのは、ピンクの仏塔で有名なワット・プラタート・レーヌー寺院、そして、この木なんの木気になる木が生い茂る田舎のお寺ワット・チョームシーでした。

名刹「プラタート・パノム」寺院と銘菓「ガラメー」

ナコンパノム2日目は、第一級王室仏教寺院の「ワット・プラタート・パノム」をはじめ、ピンクの仏塔が美しい「ワット・プラタート・レーヌー」、この木なんの木のお寺、川沿いのおしゃれカフェ、そしてあの「ベトナム建国の父」ホーチミン氏が一時期避難生活…

断崖の桟道寺院ふたたび。ブンカーンからナコーンパノムへ【ワット・プートーク】

私が勝手にタイのシーギリヤロックと呼ぶ天空寺院、「ワット・プートーク」を再訪しました。 タイ・ブンカーン県の森林地帯にそびえる岩山「プートーク」には、断崖の岩肌にへばりつくような木造の桟道が張り巡らされており、その心許ない簡素な造りは何度行…

念願のタム・ナーカー(ナーガの洞窟)その神秘と絶景【ブンカーン県】

2020年の年末、ブンカーン県のプーランカー国立公園内にある「タム・ナーカー」(ナーガの洞窟)へ行ってきました。 前回のブンカーン旅行の時には時間の都合上行けなかった、念願の場所。 神秘的な造形の岩々とダイナミックな絶景は必見です。

【アユタヤ郊外にそびえる城塞】ナコンルアン城とナコンルアン寺院

アユタヤの旧市街地から約20キロほど離れた場所にある巨大な城塞とその頂上に建てられた寺院「プラサート・ナコンルアン」 アンコールワットの城塞を模したといわれる歴史的遺構は、信仰の場として今も静かに息づいています。

【スパンブリー】美しい農家学習センターと圧巻の巨大石仏

スパンブリー2日目、タイ農家の生活や精神をテーマとした学習センター(入場料無料の小規模テーマパーク)へ立ち寄って見学したり、岩山を削って彫り上げた巨大な石仏を見に行ったりしました。

藍染め通りと映えるエキゾチック寺院たち【タイ北部ナーン県&プレー県 8】

いよいよプレー県滞在最終日となりました。 ホテルの部屋は、19時までレイトチェックアウト利用できることになったので、まるまる1日観光する気満々です。 プレーの名産である藍染めの服や小物を見に出かけたり、異国情緒たっぷりの不思議なお寺を尋ねたりし…

プレー県の小さな里でタイの円空仏に出会った!【タイ北部ナーン県&プレー県 6】

隣のローン郡まで遠出をしてみたプレー県2日目。 午前中は、とてもかわいいメルヘンな駅と、イケメンならぬイケ麺を堪能しました。 午後は、爆弾の釣鐘と非常にユニークで独創的な造形の木彫仏たちが迎えてくれました。

メルヘンな駅舎と水も滴るイケメンの町【タイ北部ナーン県&プレー県 5】

プレー県1日目は山間の秘境の村を訪れて田園風景に癒されたり、山頂にあるお寺からの景色を楽しんだりしました。 2日目は、プレー県で最も有名なお寺に参拝してから、山を越えて隣のローン郡まで足を伸ばして来ました。 あいにくの曇り空ではありましたが、…

秘境の村の大仏とゴールデンロックと山寺と【タイ北部ナーン県&プレー県 4】

プレー県の山間にある「バーン・ナークーハー」という村をバイクで訪れました。 秘境感漂うナークーハー村の棚田の中には黄金の仏像がたたずみ、村の手前の山腹にはタイのゴールデン・ロックと呼ばれる黄金の仏塔もありました。

プレー県のバイクレンタルと住民お勧めのカオソーイ【タイ北部ナーン県&プレー県 3】

今日は、ナーン県から隣のプレー県へロットゥー(ミニバン)で移動です。 朝のカオノーイ山からの景色とワット・プーミンの壁画を見納めて、ナーン県を離れました。 プレー県では、またバイクを借りてあちこち回ります。

博物館の庭とカオソーイと北タイ料理【タイ北部ナーン県&プレー県 2】

タイ北部のナーン県で、山の上から市内を一望するワット・プラタート・カオノーイの黄金の遊行仏を拝観し、タイで最も有名な愛をささやく男女の壁画をワット・プーミンで鑑賞したのが、到着初日の午前中。 午後は、北タイ名物のカオソーイを食べ歩いたり、博…

有名な壁画「愛のささやき」ケアレスウィスパー?【タイ北部ナーン県&プレー県 1】

タイで最も有名な壁画のひとつが、北部ナーン県にあります。 ワット・プーミンという王室仏教寺院本堂の西側の壁に描かれた「愛のささやき」または「ささやく人」と呼ばれる独特なタッチの男女の絵です。 意味深に囁きかける入墨の男と、微かに笑みを浮かべ…

タイ・チェンカーンの托鉢と新名所「スカイウォーク」【北イサーン・メコン川の旅-10】

チェンカーン3日目。 いよいよ今日がタイ・北イサーン旅行の最終日です。 がんばって早起きして朝の托鉢の様子を見学し、メコン川を見下ろす山の上の大仏を拝見しに行きます。

タイ・チェンカーンの雲海は寒季しか見られない?【北イサーン・メコン川の旅-8】

タイ東北部(イサーン地方)のルーイ県にあるチェンカーン滞在2日目。チェンカーンと言えば、メコン川沿いの古い町並みと朝の托鉢、そしてプートーク(トーク山)から見る雲海が有名ですが、この雲海が見られるベストシーズンは、タイの冬である「乾季」(あ…

ブンカーンの夏休みみたいに平和な景色あれこれ【北イサーン・メコン川の旅-6】

プーシン・ヒンサームワン(3頭のクジラ岩)で朝日も拝みたいと思った私は、まだ暗い空の下を山に向かってバイクを運転しますが、途中、大雨により断念して部屋に戻りました。 今日はゆっくり休んで、ブンカーンの町を気ままに観光することにします。 雨期に…

絶景!岩山・断崖の桟道「ワット・プートーク寺院」【北イサーン・メコン川の旅-4】

今日は、ブンカーン県で最近大注目のスポット、「ワット・プートーク」と「ヒン・サーム・ワーン」を訪れます。 「ワット・プートーク」では、切り立った岩山の崖に巡らされた天空の桟道がスリル満点の絶景に腰を抜かし、「三頭のクジラ岩」を意味する「ヒン…

ラオス三王女の仏像とメコン川に沈む夕日、そしてソムタム【北イサーン・メコン川の旅-3】

メコン川沿いの北イサーン旅行の続きです。ノーンカーイ県の有名寺院にまつわるラーンサーン王国(現ラオス)の王女三姉妹の仏像とを拝観した後は、メコン川沿いの夕陽をたっぷり鑑賞し、夜の帳が降りた町で夕飯場所を探し求めてさまよいました。

ナーガ(蛇神・龍王)の町ノーンカーイ【北イサーン・メコン川の旅-2】

バンコクから寝台列車でノーンカーイまでやってきたまなお。メコン川沿いの宿へ向かいます。 ノーンカーイ市内を散策したあと、ノンカーイ水族館へ向かいました。

とにかく造形がかっこいいワット・トンクウェン、そして地元グルメたち【チェンマイ旅行-4】

チェンマイ旅行記の第4弾。 今回は、チェンマイ3日目そして4日目までまとめて書いちゃおうかなと。 まなおお気に入りのとっても造形がかっこいいお寺「ワット・トンクウェン」や、街歩きで食べた料理たち(カオソーイ、ハンバーガー、ナムプリックオーンなど…

チェンマイ癒しの2日目。温泉とドイステープとトークセンマッサージと【チェンマイ旅行-3】

チェンマイ旅行記の続きです。 コロナ禍の中、当分日本に帰れそうにないので、チェンマイで温泉に行ってみることにしました。 今回は、ドーイサケート温泉というチェンマイの中心部から40~50分の場所にある温泉をセレクト。 温泉で汗を流した後は、市街を見…

駅からチェンマイ旧市街まで、そして散策【チェンマイ旅行-2】

バンコクのフアランポーン駅から夜行の寝台特急でチェンマイに向かった旅行記の続きです。 チェンマイ駅には予定の1時間半遅れで到着しましたが、特に予定もなく急いでもいなかったので、私はお堀に囲まれた旧市街にあるホテルに向かって歩きはじめました。

<ユネスコが讃えた白亜の仏塔>チャオプラヤー・スカイパークの南、ブンナーク家ゆかりの三寺参拝【後編】

チャオプラヤー・スカイパークの西側、トンブリーにあるブンナーク家ゆかりの3つのお寺巡り。 前編では「ワット・ピチャイヤートカーラーム」と「ワット・アノンカーラーム」のふたつの寺院を紹介しました。 後編は、ユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞「Aw…

<王母陛下の平和な庭>チャオプラヤー・スカイパークの南、ブンナーク家ゆかりの三寺院参拝【前編】

先日、チャオプラヤー・スカイパークからきれいな朝焼けを鑑賞し、フアランポーン駅周辺散策をした後、再び、チャオプラヤー・スカイパーク方面に戻り、サパーンプット橋(ラマ1世橋)と並行するプラポッククラーオ橋を越えてトンブリー側へ行ってみました。…

【タリンチャン水上市場】MRTバーン・クンノン駅からバンコクの水上マーケットへ

ワット・スワンナーラームというトンブリー側にある格式高い寺院で参拝を済ませた後、グーグルマップを眺めながら、タリンチャン水上マーケットへ行ってみることにしました。 タリンチャン水上市場(Taling Chan Floating Market)は、バーンコーク・ノーイ…

一流画家が競い合った壁画!バンコク・ノーイの名刹【ワット・スワンナーラーム】

新型コロナウイルス騒ぎで人混みは避けなさいっていうし、換気の悪い空間も良くないらしいので、「じゃあ、一体どこならいいのか?」と考えて、行き着いた答えのひとつが、『バンコクお寺巡り』っていうまなおです。こんにちは。 延伸開通して環状線状につな…

カンチャナブリーの「ムアンシン遺跡」は世界最西端のクメール遺跡

クメール遺跡といって誰もがまず最初に思い浮かぶ有名な遺跡は、おそらくカンボジアの「アンコール・ワット」ではないでしょうか。 ユネスコの世界遺産にも登録されています。 しかし、かつてクメール帝国の支配勢力が現在のタイの地域にも広がっていた時代…

ワットパクナム寺院の大仏さま進捗状況【お顔はほぼ完成!?】

こんにちは、まなおです。 先週、ワットパクナム寺院で造立中の大仏様のベスト鑑賞スポットを探しに歩き回った記事にしました。 あの時点では、お顔の仕上げをしているような感じに見えましたが、1週間が経った今日現在、頭部ににかかっていた足場が取り払わ…

ワットパクナム寺院の大仏はどこから見るのがきれいなのか?歩いて調べてみた

川向こうの名所、ワット・パークナム・パーシーチャルーン寺院(以下、ワットパクナム)を中心とした町歩きをしてきました。 今回のテーマはずばり「ワットパクナムの大仏様がきれいに見える場所探し」です。 ここ数年の間にワットパクナムに行った方はご存…