siam manao-life

バンコク生活の中で気づいたことや感じたことを書き連ねます。タイの生活情報やタイ語のあれこれ、タイ国内旅行、近隣諸国訪問なども織り交ぜながら。

歴代王の離宮を巡るペッチャブリー&ホアヒン日帰り旅行(2)

今日は、いよいよタイの総選挙の日です。2014年5月のクーデター以来続いてきた軍政が終わり、順調に民政移管となりますかどうか・・・動向が気になりつつ、どこがどう転んでも根本的には相変わらずのタイが続くのだろうなという気がしないでもないまなおです…

歴代王の離宮を巡るペッチャブリー&ホアヒン日帰り旅行(1)

前日の世界遺産アユタヤとナコンパトム県の日帰り旅行に続き、この日はバンコクから南に進路をとり、ペッチャブリー県と王室の避暑地としても有名なホアヒンのあるプラチュアップキリカン県へと行ってきました。今回の目的は、現王朝であるチャクリー王朝(…

高齢者グループも喜んだアユタヤとナコンパトム日帰り旅行(2)

前回の記事では、アユタヤ観光を終えてバンに乗り込むところまでを書きました。 今回はその続きで、アユタヤからナコンパトム県へ移動します。 ボートに乗って運河ツアー 13時過ぎにアユタヤを出発し、約2時間のドライブの間にゆっくり休息をとって、ツアー…

高齢者グループも喜んだアユタヤとナコンパトム日帰り旅行(1)

ここのところ、私の親戚一行のアテンドの話ばかりですが、まだもうちょっとお付き合いください。今回の記事は、タイ到着2日目に連れて行って大好評だった世界遺産アユタヤとナコンパトム旅行の話となります。できれば定番のツアーとは一味違うコースをと考え…

タイは夏の嵐にご注意(タイ気象局発表)

バンコクはここのところすっかり真夏の気配で暑い日が続いていますね。先ほど、テレビでニュースを見ていたら、タイの北部及び東北部(イサーン地方)各地で気温上昇による夏の嵐が発生しているようです。タイ気象局の発表によると、タイの北部と東北部上空…

サパーンタクシン近くのバーンパッタイは雰囲気バツグン

先日の親戚御一行のアテンドで、おじさんからのリクエストに応えて、バーンパッタイのパッタイを食べてきました。タイ国観光庁の町歩き紹介で見つけてぜひ行きたかったらしいのです。なにげに、私もここは初めてだったので、いったいどんなパッタイ(おじさ…

タイのバンコクから行くホーチミン週末旅行

怒涛の一週間が過ぎ去り、ほっとしているまなおです。自分のリフレッシュのためにホーチミンまで週末旅行をしてきました。 タイ国内と大差なく気軽に行ける海外 旅行の高揚感と新鮮さを求めて ベトジェットエアでスワンナプーム空港から ピンクの教会 ビーフ…

「マムアンちゃん」の春限定グッズが発売中。タイの人気キャラクターとファミリーマートがコラボ

先日、近所のファミリーマートに立ち寄ったら、入り口にマムアンちゃんグッズが陳列されていました。マムアンちゃんといえば、タイでも人気のほのぼの系漫画に登場する女の子キャラクター。タムくんこと、漫画家のウィスット・ポンニミットさん(Wisut Ponni…

タラートノーイ・フアランポーン駅近くの中国式足マッサージ(泰康按摩:ไท่คัง)

最近、タラートノーイ付近の街歩きがじわじわと人気になっていますが、このタラートノーイという地区は、タイ国鉄のフアランポーン駅(ホアランポーン駅)からチャオプラヤー川方面に向かうあたりの一帯をさし、中華街のヤワラートからも近い地区になります…

バンコクでオススメの運転手つき車のチャーター方法

知人や友人のグループが来タイしたときなんかに、ツアーではなくて自分たちで車をチャーターして出かけたいと思われたることもあると思いますが、今日はバンコクで超オススメの車のチャーター方法をお伝えしたいと思います。 バンコクの安くて安心な車のチャ…

タイ国鉄のチケット(座席)を予約購入する方法いろいろ(インターネット/電話/駅窓口)

日本から親戚一同がタイへ遊びにやってくるので、あれこれ手配にいそしんでいるまなおです。こんにちは。 親戚はタイに何度か来たことのある人、ない人いるので、いろんなリクエストがあるわけです。 その中で、「アユタヤへ鉄道で行ってみたい」というリク…

ビジネスシーンでもよく使う『お手数ですが』【รบกวนの用法】

ドナルド・キーン博士がお亡くなりになったというニュース。 アメリカ合衆国出身で晩年は日本に帰化するほど日本をこよなく愛し、日本文学及び日本文化の研究・紹介に生涯をかけて尽力なさった方。 私が初めてお名前を知ったのは、大学一年生の時に英語のテ…

フォーチューン地下の『べートン(เบตง)』でカオマンガイを食べてきた

暑季入りしたバンコクは毎日暑いです。日中外に出ると汗だくのまなおです。今日、地下鉄ラマ9世駅を上がったところにある電脳タウン『フォーチューンタウン(Fortune Town)』に所用があったので、ついでに地下の『べートン(เบตง)』というカオマンガイの老…

驚安の殿堂ドン・キホーテがバンコクにやってくる【ドンキモールトンロー】

いよいよ来る2月22日に驚安の殿堂ドン・キホーテのタイ・バンコク店がオープンしますね。 場所は、エカマイ・ソイ5通り(トンロー・ソイ10通り) ドンキモールトンロー(DONKI MALL THONGLOR )という名称の商業施設となります。 その中核テナントとなるのが…

王宮の向かいにある眺めのいいビールバー【TANEE BEER TAP】

もうすっかり朝晩の涼しさもなくなり、確実に暑季に向かっているバンコクです。 今日は、バンコクの王宮の向かい側にある穴場カフェ&ビールバー『TANEE BEER TAP』を紹介します。 チャオプラヤー川のほとり、ローカルな雰囲気満載の細い路地を歩いた先にあ…

電灯に群がる羽虫の正体はシロアリだった!(タイの季節の変わり目に羽アリ:แมลงเม่า)

この時期、ある日突然、電灯に群がる羽虫が大量発生するのを目にすることがあります。タイ在住の方なら「あるある」とわかっていただけるかと思いますが、あれって本当に気持ちのいいもんじゃないですよね?在タイ数十年目にして、あれの正体がシロアリだと…

『おいしくなんかない(ไม่เห็นอร่อยเลย)』【見えない“เห็น”の用法:マイヘン~】

相変わらずバンコクのPM2.5の数値は上がったり下がったり・・・。 マスクが手放せないまなおです。こんにちは。 タイ人と話をしていると、マイヘン~(ไม่เห็น [mâi hěn]~)という言い回しをよく耳にします。 「マイヘンスアイ(ルーイ)=きれいじゃない」…

はじめての隣国ミャンマー(8)バガンとヤンゴンおすすめホテル編

2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、タイ・バンコクからお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきました。 今回は、バガンとヤンゴンで泊まったホテル、そしてヤンゴン空港トンランジット…

はじめての隣国ミャンマー(7)バガンの寺院巡りと仏さま編

2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、タイ・バンコクからお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきました。 はじめての隣国ミャンマー(1)旅行の準備編 - siam manao-life はじめての隣国…

タイのナコンパトムで船に乗って水辺の暮らし巡り(アグリツーリズム)

あいかわらず、PM2.5が酷いですね。今朝のバンコクは朝霧のように白く煙っていました。マスクをして通勤しているまなおです。こんにちは。 先日、ナコンパトム県にあるマハーサワット運河でアグリツーリズム(グリーンツーリズム)に参加してきましたので、…

はじめての隣国ミャンマー(6)仏教遺跡バガンのビューポイントを求めて編

2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、タイ・バンコクからお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきました。 いよいよ、世界三大仏教遺跡のひとつ、バガン観光について書きたいと思います。…

はじめての隣国ミャンマー(5)仏教遺跡バガンのアクセス・乗り物編

昨年2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、タイ・バンコクからお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきました。 ミャンマーシリーズ5回目となりましたが、いよいよ世界三大仏教遺跡のひと…

はじめての隣国ミャンマー(4)空港から市内へ格安シャトルバス編

昨年2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、タイ・バンコクからお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきたまなおです。 4回目は、ヤンゴン国際空港からヤンゴン市内までのお得で安心な移動…

はじめての隣国ミャンマー(3)両替編

昨年2018年10月から1年の予定で、日本人のミャンマー観光ビザ免除が試行されています。 このチャンスを逃すまいと、今まで近くて遠かったお隣のミャンマーへ週末旅行をしてきました。 今回は、両替編です。 旅行の準備編ではバンコクでのドルへの両替につい…

はじめての隣国ミャンマー(2)フライトキャンセル編

昨年2018年10月から日本人のミャンマー入国に際する観光ビザ免除が1年の予定で試行開始されました。このチャンスを逃すまいと、今まで行きたいと思いつつ行けていなかったミャンマーを週末旅行で訪問してきました。2回目の今回は、前回の旅行準備編で書いた…

はじめての隣国ミャンマー(1)旅行の準備編

昨年2018年10月から日本人のミャンマー入国に際する査証免除が試行開始しました。 この機会に今まで行きたいと思いつつ行けていなかったミャンマーを訪問することにしました。バガン&ヤンゴンの週末旅行。 ビザ免除や航空券の手配、両替など事前準備を中心…

ラーマ5世騎馬像広場(ロイヤルプラザ)で開催中のイベント「ウンアイラック・クラーイクワームナーオ」に夜の散歩がてら行ってきた。

ここのところバンコク及び周辺地域のPM2.5問題が大変なことになっていますね。さて。 現在、タイのドゥシット地区にあるアナンタサマーコム宮殿前のラーマ5世騎馬像広場(ロイヤルプラザ)付近では、現国王提唱による「ウンアイラック・クラーイクワームナー…

タイのビザ更新の合間に政府総合庁舎でカオソーイとマッサージ

昨夜、寝る前に年末のレコード大賞におけるピンクレディーの圧巻のパフォーマンスを見てしまい、血圧が上がってなかなか寝付けなかったまなおです。 前回の記事では、タイのイミグレーションにおけるビザ更新の憂鬱さをさんざん愚痴ってしまいました。 今回…

お気楽な私がバンコク生活の中で憂鬱になる2日間

ここ数日、タイの入国管理局の警官(タイの入管は警察管轄なので職員は警察官)が、お金をもらって嘘の入出国スタンプを外国人のパスポートに押していたというニュースが出ていますね。おかげさまで毎日それほど大きな悩みもなくタイ生活を送らさせていただ…

「よっぽどタイの水があっているのねえ」って、バンコクの水は合わないっていう話。(硬水を軟水に)

『水が合う』よく使われる慣用句ですよね。 その土地の環境に適合する。新しい土地に住み慣れる。組織や職場の環境に馴染む。そんな意味合いでしょうか。 確かに、私はタイの水があっているのかもしれません。 ただ、それは慣用句的な「水」であって、本当の…