siam manao-life

バンコク生活の中で気づいたことや感じたことを書き連ねます。タイの生活情報やタイ語のあれこれ、タイ国内旅行、近隣諸国訪問なども織り交ぜながら。

目を開ける=目を忘れる!?(ลืมตา)

スポンサーリンク

こんにちは、まなおです。
先日、メガバンナーまで眼鏡を買いに行ってきました。
今年2回目の眼鏡調達…。

 

 

またメガネなくしちゃいました

  

実は、5月に買い替えたばかりの眼鏡をお気に入りの眼鏡ケースと一緒に紛失するという失態を犯し、泣く泣く同じものを注文してきたんです。
リュックのポケットに入れておいた眼鏡、ポケットのファスナーを閉め忘れていたらしく、気付いたら眼鏡ケースごと消えていたという…。 バカぁーーー

その日は、ちょうど夜便で日本へ一時帰国する朝で、背中にリュックサック、手にはスーツケースという格好でBTSに乗っており、会社に着いたところで眼鏡の紛失に気付いたわけです。
出勤ラッシュの中、見るからに旅行者ですよという身なりだったので、もしかしたらどこかのタイミングでスリに…?とも考えたけど、わざわざ眼鏡を盗るスリもいないわな。
潔く自分の不注意を認めます、はい。

 

そんなことはさておき。
日本から帰ってきた最初の週末、朝一でメガバンナーへ行ってきました。
早い時間は比較的駐車スペースを見つけやすいのでね。
明るく整然とした日系の眼鏡チェーン店で、丁寧な接客のおねえさん(おそらく元男性)にレンズの調整などをしてもらいました。
瞳の位置決めのため、おねえさんの指示で目を開けたり閉じたりすることがあったんですが、そのやり取りの中で前々からちょっと気になっていたことを思い出したので、書いておきます。

 

目を開ける=目を忘れる!?

 

おねえさん:「はい、目を閉じてください」「はい、目を開けてください」

この時、タイ語では、
目を閉じる=หลับตา(làp taa ラップ ター)
目を開ける=ลืมตา(lʉʉm taa ルーム ター)

と指示されるのですが、目を閉じる方はまあそれほど違和感ないんです。眠る(ノーン・ラップ นอนหลับ)の「ラップ」ですから。
「ラップ(眠る)」+「ター(目)」で、目を閉じるイメージそのものです。

問題は、目を開けるの「ルーム・ター(ลืมตา)」の方なんです。
「ルーム(ลืม)」って、どうしても「忘れる」という意味が先行してしまうので、なかなか目を開けるというイメージと結びつかなくて。むしろ「目を忘れる」のだから目を閉じる映像が私の脳内で再生されるわけです。 

f:id:manao-life:20180829002951p:plain

ずいぶん昔、ものもらいで病院に行ったときにもこの「ルーム・ター(目を開けて)」を先生に言われて戸惑ったことがあります。もちろん、「ラップ・ター(目を閉じて)」とペアで言われると、「あ、次は目を開けるんだな」と意識できるんですが、突然「ルーム・ター」と言われると、とっさに目を閉じてしまって、先生から「目を開けてねー」と繰り返されることに。

どうでもいいっちゃどうでもいい話、というか、つべこべ言わずに「ルームター」は一単語で、イコール「目を開ける」という意味だと覚えてしまえばいい話なんですが、私の性分として、こういうことが気になってしまうんです。

なんで「目を開ける」のを「ルーム・ター(ลืมตา)」って言うの?

こういう質問、たいてい周りのタイ人には相手にされないので、ちょっとだけ自分で調べてみました。


結果、

 

よくわかりませんでした!(すみません。。。)

某タイ語掲示板に、一つだけ興味深い回答があるにはありました。
その人が言うには、「ルーム・ター(ลืมตา)」の「ルーム(ลืม)」はもともと「ムルーン(มฺลืน)」という古語から派生した言葉であるというものでした。
つまり、現在は発音も表記もたまたま「忘れる」という意味の「ルーム(ลืม)」と同じになったけれど、元は別の言葉だったという解釈でいいのですかね?(その方は特にその違いについては言及されていなかったので私の勝手な想像です)
もし、そうだとすると、私的には納得できるんです。もともと違う言葉なら「忘れる」という意味にとらわれることはない。「別物として覚えるのみ」と自分の中で割り切れるから。
ただ、その方の回答にはソースや引用元が記載されていなかったので、残念ながら信憑性があるとは言いきれませんでした。

唯一、私の質問に答えてくれそうなタイ人の友人(北部の大学でタイ古典文学を教えている歩くタイ語辞典)が一人いるので、先ほどメールで質問しておきました。
ただ、すごく忙しい人なのでいつ私のメールを見て回答をくれるかはわかりませんが、気長に待つことにします。

なんて、たかが「ルーム・ター」にこれほど執着するようなことを書いていて恐縮ですが、内心はこうも思っているのです。

目を開ける=「プーット・ター(เปิดตา)」
目を閉じる=「ピット・ター(ปิดตา)」
じゃダメですか?

元も子もないですね。

失礼しました。